健康

サンスター緑でサラナ血圧に効果ある?コレステロールはどうなの?

【PR】記事内に広告を含む場合があります

特定保健用食品としてサンスターから販売されている人気の健康飲料水「緑でサラナ」。

そんな緑でサラナですが、血圧に効果があるのか気になりますよね。

そこで、「血圧に効果があるのか?」また、血圧の基本情報やコレステロールに関する内容も記事にまとめてみました。

ぜひ、ご参考ください。

サンスター「緑でサラナ」が血圧に及ぼす影響

飲み方で効果が変わる?

あくまでも個人的な見解ですが、食前に飲むことで血圧を抑えられると思います。

食前に飲むと緑でサラナに含まれる食物繊維が、食事からの糖質吸収を抑えることが出来るので高血圧、糖尿病の予防に良いかと。

また、飲まなかった場合と比較すると、食事の量が少なくても、食物繊維のおかげで満足に感じる可能性も高くなります。

なので、特に食前に飲むことで血圧に及ぼす効果は高いと言えるでしょう。

飲むだけじゃ効果ない?

緑でサラナの効果はライフスタイル全体、特に飲食と運動の習慣と組み合わせて初めて最大化されます。

健康製品だけに依存するのではなく、健康的なライフスタイルを維持することが、体調管理において重要であると広く認識されていますしね。

例えば、「緑でサラナ」を飲みつつ適度な運動を行い、バランスの良い食事を摂ると、より良い結果が期待でるでしょう。

効果を最大限に引き出すためには、健康的なライフスタイルを並行して維持することが重要です。

緑でサラナお試ししたい!

血圧についての基本情報

血圧の定義と重要性

血圧は、血液が体内を循環する力であり、正常範囲内に保つことが生命維持に不可欠です。

血圧は、心臓が収縮するとき(収縮期)と拡張するとき(拡張期)の2つの数値で表され、通常は「収縮期血圧/拡張期血圧」の形で示されます。

血圧は、酸素と栄養素を全身に供給し、体温を維持し、老廃物を排除するなど、身体の各部位の正常な機能を支える役割を果たします。

例えば、140/90mmHg(ミリメートル水銀柱)が一般的な正常血圧の目安とされています。

この数値は、心臓が血液を全身に送り出す力(収縮期血圧)と、心臓が血液を受け取るために拡張する力(拡張期血圧)を示しています。

高血圧とは何か、そのリスクと影響

高血圧とは、健康を損なう可能性のある病状で、心臓や脳などの重要な器官へのダメージを引き起こす可能性があります。

高血圧とは、一般的には収縮期血圧が140mmHg以上、または拡張期血圧が90mmHg以上の状態を指します。

高血圧は「沈黙の殺人者」とも呼ばれ、症状がないにも関わらず、心臓、脳、腎臓などに重大な健康問題を引き起こす可能性があります。

特に、心筋梗塞や脳卒中のリスクが高まります。

これは、心疾患、脳卒中、腎臓病など、高血圧が引き起こす可能性のある健康問題によるものです。

緑でサラナってコレステロールに効果ある?

緑でサラナはコレステロールに対する効果があるとされています。

特に、LDL(悪玉)コレステロールを低下させる作用が確認されています。

コレステロールを下げる効果があるとされる主な理由は、製品中に含まれる成分「SMCS(天然アミノ酸)」にあります。

SMCSはブロッコリーやキャベツなどのアブラナ科野菜に多く含まれ、肝臓における胆汁酸の合成を促進し、排出されるコレステロールの量を増やす働きがあるとされています。

この効果は実際のヒト試験で確認されています。

試験では、1日2缶の緑でサラナを3週間飲み続けた結果、LDLコレステロールが低下することが明らかになっています。

まとめ

個人的な見解になりますが、食前に飲むことで、血圧を抑える効果が期待できます

緑でサラナに含まれる食物繊維が血圧を抑え、食事の摂りすぎも抑制することから、大きな効果が期待できます。

ですが、緑でサラナだけに頼るのでなく、バランスの取れた食事と適度な運動も取り入れて、血圧への効果を高めるようしましょう。

  1. 緑でサラナを食前に飲めば血圧に効果が高いと思う
  2. 高血圧だと脳や心臓などの重要な器官にダメージを引き起こす可能性が高い
  3. 緑でサラナがコレステロール低下に効果あるとされる

10%OFF!お得情報はこちら/

Q&A

気になるQ&Aをピックアップしてみました。

購入する際の参考にして頂けると幸いです。

SMCSとは何ですか?

SMCSは、ブロッコリーやキャベツに含まれる天然のアミノ酸で、血中のLDL(悪玉)コレステロールを低下させる働きがあるとされています。

サンスターが約10年間にわたり研究を重ね、SMCS(S-メチルシステインスルホキシド)が、肝臓で胆汁酸に変化し、体外に排出する酵素の働きを活性化させることを発見しました。

これにより、体内のコレステロールを下げることが可能とされています。

この結果は学会でも発表され、学術雑誌への論文投稿により注目を集めました。

ブロッコリーはコレステロールを下げますか?

ブロッコリーが直接的にコレステロールを下げるかと言うと、答えは”はい”とも”いいえ”とも言えます。

ブロッコリーそのものがコレステロールを下げる効果を持つわけではありません。

ですが、ブロッコリーに含まれる特定の成分(SMCS)が体内のコレステロールを下げる働きを持つとされています。

ブロッコリーに含まれるS-メチルシステインスルホキシド(SMCS)は、体内で胆汁酸に変化し体外に排出する酵素の働きを活性化します。

それで、コレステロールを下げる可能性があります。

緑でサラナ 一日何本?

「緑でサラナ」の一日の推奨摂取量は、一般的には1〜2本とされています。

「緑でサラナ」はS-メチルシステインスルホキシド(SMCS)を含む野菜エキスを配合した飲料で、一定量の摂取が必要です。

ただし、「緑でサラナ」だけに頼るのではなく、バランスの取れた食事や適度な運動を組み合わせることで、高い効果を発揮します。

摂取量についても、ご自身の体調を考慮した上で飲むようにしましょう。